中国では金融と貿易でトップクラス

人形

中国が行った経済開放政策により、香港では、1978年から本土である中国との窓口として、発展していきました。その結果、新規のIPOの総額が全世界一番となり、中国が誇る金融と貿易の街になりました。そのため、本土に進出したい企業が、その拠点として香港を選ぶことが多いです。香港を拠点にすることにより、本土への活動が容易になるからです。香港には独自の法律制度があり、事業の買収や契約を行うことができます。イギリスの普通法を基盤に、香港基本法が確立されました。法務機能が先進国のように発展しているので、事業に関するコンプライアンスや、トラブルに対する対応が充実しているのも魅力です。会社設立後も、法律が安定しているおかげで、長期に渡って運営がしやすいです。

税は安くて、手続きもわかりやすい

仕事

会社設立の際に、一番ネックなのは法人税です。香港はアジア国の中で、一番安い法人税となっています。香港は法人税が16.5%です。この税率は、国の情勢に大きくされますが、中国自体の情勢が安定しているので、この税率はほとんど変動することはありません。その他の税金も安いので、企業からすればかなり嬉しい税率と言えます。他の国も安く税率を下げている場所がありますが、情勢が常に不安定なため、税率は変動しがちです。手続きもシンプルでわかりやすいので、税の支払いも簡単です。

アジア市場のビッグタウンとして

スーツの男女

アジア国の中で、会社設立する国として選ばれるは、シンガポールや香港、上海などです。昔から現在まで、この3つの場所は、常に多くの企業に選ばれています。多くの企業が参入してくることにより、経済市場の場としての価値が高まっているのが現状です。この3つの場所が選ばれる理由として、市場にどのくらい近いか、税金の制度や法制度などの条件が良かったことが挙げられます。特に中国の中でも自由度の高い香港は、世界で企業進出率が高いシンガポールと同様、企業にとって優良な場所と言えます。

アジア市場の大きな地点として選ばれる

握手

会社設立に関して、香港特区政府の独自調査を行いました。この調査によると、2011年の時点で、外資から来た企業の数は、約6900社にも及ぶとされています。約6900社のうち1300社程は地域総括会社を設立しており、2400程が地域会社として、設立場所に香港を選んでいることが調査結果として出ました。残りの会社は本社ではなく、支社として設立しています。大きなアジア市場は、大企業からも注目を集めており、本社を香港やシンガポールに移す企業もいます。有名なところで、日産自動車株式会社が、一部高級車の本社を香港に移したことで話題となっています。国内を主流にするのではなく、アジアという全体でみたとき、香港は狙い目の場所といえるでしょう。

広告募集中